ヒートショックに注意しましょう。

寒くなってきました。暖房の効いた暖かい部屋から廊下やトイレなどに行くと、

寒さに「ゾクゾクッ」っと震えることがありませんか?この状態を「ヒートショック」といいます。

急激な温度変化が体に及ぼす影響のことで、心臓に思った以上の負担がかかるので、

心筋梗塞や脳出血障害などにつながりかねないです。

 

ヒートショックを起こしやすい人 は、

■ 65歳以上である

■ 高血圧や糖尿病の人・動脈硬化のある人

■ 肥満気味の人や睡眠時無呼吸症候群のような呼吸に問題がある人、不整脈がある人

■ 自宅の浴室には暖房設備がない

■ 一番風呂に入ることが多い

■ 熱い風呂が大好き

■ お酒を飲んでからお風呂に入ることがある

です。特に入浴中に起こることが多いようです。

 

浴室でのヒートショック対策としては、

■ シャワーを使用して浴槽にお湯を溜める。 →浴室全体を早く温めることができます。

■ 寒い時期は、脱衣室と浴室を十分暖かくしておく。(風呂に入る前にしばらく浴槽のフタを開けておく。)

■ 風呂の温度は、38~40度くらいの低めに設定する。 →心臓に負担をかけないように。

■ 高齢者や高血圧の人の一番風呂を避ける。 →家族が入ったすぐ後に続けて入ることが理想的 など。

 

これからももっと寒くなると思いますので、暖かい家のはずなのに・・・とならないように

皆さん気をつけましょう!!

コメントをどうぞ